ベジママの飲み続ける期間と中断時期

MENU

飲み続ける期間と中断期間について

ピニトールやルイボス等の成分によって、不妊治療の効果が期待されているベジママは、愛飲者の方からは嬉しい声が多数寄せられています。

 

しかし、妊娠できたらコストもかかりますから、止めた方がいいのか、それとも飲み続けた方が母子の健康にとって良いのか迷いますよね。

 

そこで、どうするべきなのかを紹介したいと思います。

 

妊娠中に必要な成分配合のベジママ

 

妊娠するとまず必要になる主な成分に、葉酸があります。

 

これは厚生労働省も摂取を推奨していますし、母子手帳にも載せられている事ですので、ご存知の方も多いかもしれません。

 

葉酸は妊活時に着床を助けるだけでなく、流産の可能性を低くしたり、先天異常のリスクを軽減する効果もあるからです。

 

では、妊娠したときはどうなのでしょうか。

 

実は妊娠した後も葉酸を摂ることが大切で、愛飲者の方も妊娠した後も飲み続ける方が多いです。

 

妊娠後に問題になるのが妊娠中毒症ですが、血糖値の上昇が原因で起こる事があります。

 

ベジママの主成分であるピニトールは、もともと血糖値を下げる効果のある植物由来成分ですので、妊婦に必要な成分であると言えます。

 

またルイボスに含まれているミネラルやビタミンも、妊娠し出産に備える上で欠かせない成分です。

 

よく言われるように、妊娠時にはカフェインに気をつけなければなりませんが、ルイボスならカフェインが含まれていないので安心して摂取できます。

 

このように、不妊治療時を主な目的として作られているベジママですが、妊娠後にも大切な成分がしっかりと配合されているのです。

 

妊娠中・出産後も続ける

 

妊娠中は、つわりの影響で食時からなかなか思うように栄養が摂れないことも多く、本来必要な規定量をクリアすることが難しいこともよくあります。

 

そのような場合でも、ベジママなどのサプリメントを飲むことで、本来必要な栄養を補うことが出来ます。

 

もちろん、食事から摂取した栄養が一番ですが、このような時はサプリメントが便利です。

 

ベジママは錠剤の粒が小さいので、少しの水ですっと飲めるので、つわりなどのときでも飲みやすいと評判です。

 

また、出産後も授乳に必要な栄養をママはしっかりと摂る必要があるのですが、そのときもベジママは強い味方になってくれます。

 

ですので、妊活中から母乳までの期間は続けるべきで、その後は中断または解約しても問題ない期間となります。

 

ただ、二人目のお子様を考えられている方は、そのまま継続することで妊娠しやすい体質へ改善していく事ができるので、出産後も続けて飲むことをオススメします。

 

妊活から出産後まで長い目で見ても、ママは栄養がとても大切な時期なので、ベジママがあれば心強いと思います。