ベジママ 副作用

MENU

ベジママの副作用について

妊活をする女性にとって、サプリメントの安全性はとても大事な事です。

 

もうすぐお腹に宿る赤ちゃんへの影響は、できる限り少ない、というよりも全くない事を願うからです。

 

ベジママの副作用はどうなのでしょうか?また服用中の薬との飲み合わせの危険はあるのでしょうか?

 

ベジママは、副作用は大丈夫なのか?

 

ベジママの成分は、ピニトール、葉酸、ルイボス、そしてビタミンです。

 

それぞれ副作用について見てみましょう。

 

まず主な成分であるピニトールですが、あまり聞かない成分であるため不安に感じる方が多いようです。

 

しかしこのピニトールは、水溶性ビタミンの一種で、天然植物成分であるため副作用はないようです。

 

ベジママは、自社の完全閉鎖型の植物工場の中のクリーンな環境で育てているため、原材料に輸入物が混入しているなどの心配もありません。

 

放射能検査や残留農薬検査までしている徹底ぶりなので、安心して服用できると言えるでしょう。

 

ベジママの別の成分として葉酸がありますが、この葉酸は摂りすぎによる副作用があります。

 

推奨摂取量は一日400μで、上限は1000μまで、それ以上摂取すると副作用が起きうるようです。

 

ベジママの葉酸含有量は400μなので、大量に飲みすぎたりしない限り心配する事はないでしょう。

 

ルイボスやビタミンも、天然由来成分のため副作用などの心配はありません。

 

だからと言ってたくさん飲んだりせず、一日分の使用量をきちんと守って飲むようにする事が大切です。

 

今飲んでいる薬があるならどうしたらいいのか?

 

薬

 

先に書いたように、ベジママの成分は天然由来のもので基本的には食品として見なされるため、薬と併用することに問題はありません。

 

しかし、心配な場合は念のため医師や薬剤師に確認をした方がベターだと言えるでしょう。

 

とはいえベジママは、安全と高品質に十分気を使った、安心して使う事のできるサプリメントと結論できそうです。

 

長い期間毎日服用するかもしれないものだからこそ、どのように生産されているかが分かる本当に安心なものを選びたいものです。