ベジママ 妊活 ビニトール

MENU

授かりたい方に注目されているビニトール

不妊治療や妊活というと、すぐに思い浮かぶのがマカや葉酸ですが、ここに来てベジママのピニトールという成分に注目が集まっています。

 

なぜマカや葉酸だけでなくピニトールが必要なのでしょうか?

 

単なる流行り廃りなのでしょうか?

 

それぞれの役割があるマカと葉酸とピニトール

 

結論から言うと、妊活する上でどれがいいと甲乙つける事はできません。

 

その理由は、それぞれの効果と役割が違うからです。

 

葉酸は、もともと血液を作るために必要な栄養素で、血液量が増える事で子宮内膜が厚くなります。

 

そうすると受精卵が着床しやすくなるとともに、流産しにくくなるという役割があります。

 

マカは、女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをするため、女性ホルモンの働きを整えてくれ、生理周期を整えたり、排卵が正常に行われるよう助けてくれます。

 

以前は妊活と言うと、この葉酸とマカを摂取するサプリが主流でした。

 

ではなぜさらにピニトールが必要なのかというと、この成分は不妊の原因を改善する効果がある事が、最近になって分かってきたからです。

 

もともと糖尿病予防や改善のために摂取されていた植物由来の成分ですが、最近になって多嚢胞性卵巣症候群などの不妊の原因の改善効果が見つかりました。

 

そのような訳で、ピニトールさえ摂っておけば、あるいはマカを摂っておけば十分だという事ではなく、自分にとって必要な成分をきちんと見極め摂取する事が大切なのです。

 

どのサプリを選んでどのような飲み方をすればいいのか?

 

ではどのような場合に、ベジママを飲んだ方がいいのでしょうか?

 

ベジママには、先に述べた葉酸が400μと十分に含まれている事を考えると、妊活を考える人であれば基本的に飲んでおいて間違いありません。

 

マカはどちらかというと性欲増強の意味合いも強いですが、葉酸は自分の身体のためにも、お腹の赤ちゃんのためにも押さえておきたい栄養成分です。

 

さらに、ピニトールが不妊の改善の効果がある事を考えると、半年かそれ以上の期間妊活をしてサプリメントなどを試してみたが、いまひとつ効果がないという方はベジママを試してみるべきでしょう。